【節約】1日2食分生活を3か月続けてわかったこと【ダイエット】

ダイエット・健康
シロミ
シロミ

こんにちは。シロミです。本日の記事は、

・ダイエットしてるのになかなか体重が減らない。

・断食に挑戦してみたいけど、ちょっと抵抗がある。

とお悩みの方に向けた記事になります。

結論からいうと、標準的な体型を目指すのであれば、断食までは必要ありません。私が実践している1日2食分生活でも充分に効果があります。

なぜこう言えるかというと、私自信が1日2食分生活を3カ月続けてみて、体重はBMIの標準体型くらいまで落ち、リバウンドもなく過ごせているからです。

本日の記事は、以下の3つのポイントから、1日2食分生活について書いていきたいと思います。

・そもそも1日2食分生活ってどういうこと?
・実践してわかった、1日2食分生活の効果
・1日2食分って、苦しくない?

1日2食分生活は、お金もかからない(むしろ節約になる)ですし、今日からでも始められる簡単な方法です。

この記事を読み終えたら、ぜひ騙されたと思って実践してみてください。1カ月も続ければ、効果がでてくると思います。

では、始めていきましょう。

スポンサーリンク

そもそも「1日2食分生活」とは?

1日2食分生活というのは、私が勝手にそう呼んでいるだけなのですが、その名のとおり、1日に2食分の量だけを食べる、という生活のことです。

ほとんどの人が、1日3食、規則的に食事をしていると思います。私自信も、1日2食分生活を始める前は普通に1日3食を食べていました。

今は、1日に食べる量をそのころの3分の2に減らしています。
ちょうど1食分を減らすイメージですね。

ただ、 「1日2食」にするのでははないところがポイントです。

たとえば朝食を抜くなど、1回分の食事をスキップしてしまえば食べる量は1日2食分になりますが、いきなり1食抜くと、生活リズムが変わりすぎて身体が抵抗します。

私の場合、朝食や昼食を抜いたりするとお腹が減ってしまって仕事にならなかったので、1日の食事の総量は2食分に減らしつつ、食事のタイミングは1日3回のままにしています。

徐々に調整して最適なバランスを模索した結果、今は朝0.3食、昼0.7食、夜1食というイメージで日々の食事をコントロールしています。

「1日2食分生活」の効果は?

気になるダイエット効果についてですが、私の場合は、ランニングで一度体重を減らしていたので、1日2食分生活にしたからといって劇的に体重が減ったというわけではありません。

ただ、ランニングの習慣をやめた後で少し増えてしまった体重が、ランニングを続けていたころの水準までは戻りました。

定期的な運動をしなくても、毎週3~4回のランニングを習慣化していたころと同じ体重をキープできています。そう考えると、食事を減らす効果は大きいですね。

私の場合、1日2食分生活を続けている限り、BMIでいう標準体重をキープできているので、おそらく今の体型にはこのくらいの食事量がちょうどいいのかなと思っています。

体重がもっと重かったとしても、1日2食分生活を続ければ今くらいの体重までは落とせるということかと思っています。そういう意味で、ダイエット効果はありです(当たり前といえば当たり前ですが)。

もちろん、極端に疲れやすいとか、お腹が減ってやる気がでないということもありません。

また、1日2食分生活には、節約効果もあります

例えば昼食でいうと、私の場合、1日2食分生活を始める前は、昼食に少なくとも500円から600円は使っていましたが、食べる量を減らした結果、今は平均300円くらいまで下がりました。

1日にたった200円の差でも、月にすると約6000円、年間でいうと約72000円もの差になりますので、その節約効果は大きいです。

2年間この生活を継続すると、パソコンが買い替えられるくらいの差になってきますので、インパクトは大きいですよね。

「1日2食分生活」って、辛くないの?

私の経験では、いきなり1日2食分に減らすのではなく、徐々に食事量を減らして身体を慣らすことで、特に辛いとは感ることもなく、スムーズに1日2食分生活に移行できました。

辛いと感じない程度にゆっくりと食事量を減らしていくのがコツだと思います。
焦らずに、1カ月くらいかけでじっくりと取り組んでみてください。

1日2食分生活を始めて最初のうちは、確かに空腹を感じると思います。
ですが、それも慣れていくうちにだんだんと空腹を感じなくなります。身体が少ない食事量に順応してくれるようです。

また、空腹を感じるくらいのほうが健康には良い(消化器を休ませることができる)とも言われているようですので、空腹を感じたら、健康になっていると思ってむしろ喜びましょう

どうしてもお腹が減ってしまうときは、少量のナッツ類を食べるのがおススメです。
私の場合は以下の素焼きミックスナッツを常備しています。

ちなみにご参考までに、私の現在の典型的な1日の食事内容を具体的に書くと、以下のような感じです。

朝:豆腐(小分けタイプのもの1パック)、野菜ジュース1杯

 

昼:小ライス、野菜系のおかず1~2品

 

夜:出てきたものを普通に食べる

夜は、家族と一緒に食べるので普通に食べています。

歓送迎会など、同僚と飲みにいくときにも食事制限していると気を使わせてしまうので、私の場合は夜は制限せず好きなだけ食べることにしています。

このあたりは、ライフスタイルに合わせて調整してみましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。
本日の記事をまとめます。

・1カ月くらいかけて、徐々に食事量を1日2食分に減らしていこう
・食事の回数や、1日のうちどの食事を減らすかは自由。ライフスタイルに合わせて決めよう
・空腹を感じるのは健康の証拠。空腹を楽しむつもりで取り組もう。

私の場合、もともとは1日1食生活を試そうと思っていて、1日2食分生活はそれまでの過渡期というつもりだったのですが、1日1食まで減らさなくてもダイエットの目的は達成できました。

今後もしばらくは、1日2食分生活を続けていこうと思っています。

ダイエットは継続がカギですが、1日2食分生活は、1日1食ほどハードルも高くないですし、食事の回数もそれまでと同じでいいので、取り組みやすいと思います。

「痩せる、健康になる、節約になる」という複数のメリットがありますので、モチベーションも保ちやすいのではないでしょうか。

たとえば1年間、1日2食分生活を続けられたら、浮いた食費の分で自分へのご褒美を買うと決めて、今日からチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

空腹で健康になる?についてもっと知りたい方にはこちらがおススメです。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
ダイエット・健康
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました