コスパ最高のAmazonガジェット。我が家で大活躍している3つのモノ。

ミニマリズム

現在Amazonでは、サイバーマンデーセールを実施中です(12月9日まで)。

先日もブラックフライデーのセールが開催されたばかりですが、Amazonがこれらのセール習慣を日本に定着させそうな勢いですね。

こうしたセールの時期に、必ずといっていいほど安く販売されているのが、Amazonが発売しているガジェット類です。

Kindle、Fire TV、Fireタブレットに加えて、最近ではスマートスピーカーのEchoもありますね。

我が家はAmazonのヘビーユーザーなので、もちろんAmazonガジェットも大活躍しています。

本日は、我が家で愛用しているAmazonガジェットたちについてご紹介します。

スポンサーリンク

Amazonガジェットの特徴

Amazonから発売されているガジェット類の最大の特徴は、コストパフォーマンスです。

Amazonでは端末の販売からではなく、端末を通してコンテンツやほかの商品を購入してもらうことで利益を出すという戦略なのか、端末自体は非常にリーズナブルな値段で販売されています。

それがセールの時期になるとさらに安くなるため、もはや価格破壊というべきレベルです。

それでいて、日常使う上では全く不便を感じさせない完成度の高さ。もはや生活がAmazonだけで完結してしまいそうな勢いです。

もちろん機能的にはApple製品などには劣りますが、コスパを考えれば気になりません。

我が家で大活躍しているAmazonガジェットたち

それでは具体的に、我が家で使っているAmazon端末をご紹介します。

Fire TV

我が家では、Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオの3つの動画サービスを利用しています。

DVDプレイヤーやDVDのディスク自体は殆どを手放してしまったのですが、その代わりにビデオオンデマンドのサービスは複数契約して、大好きな海外ドラマを楽しんでいます。

Fire TVは、そんな我が家には必須のアイテムになっています。

Fire TVをHDMIでテレビにつなぐだけで、上記の動画サービスは全て使えます。

我が家のテレビは2010年頃に購入した古いものなので、当然のことながらAndroid TVなど内蔵しておらず、Fire TVのおかげでNetflixやHuluが利用できています。

Amazonプライム会員であれば、写真が無制限に保存できるAmazon prime photoというサービスがあり、そこに保存した写真もFire TV経由でテレビの大画面で見ることができるので、実家の両親が遊びにきたときに皆で写真をみるのにも重宝しています。

これだけの機能を持った端末が、セール時には3千円くらいで購入できるのですから、いい時代になったものです。


Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire HD タブレット

我が家ではFire HDタブレットを2台所有しています。

7インチ端末は子供が動画を観るのに使用し、10インチは私が使用しています。

Fireタブレットは、基本はAndroid端末でありながら、Google playストアが使えません(裏技を使えばPlayストアを利用可能になりますが、保証対象外になってしまうようです)。

ですので、通常のAndroid端末として使用することはできないと考えたほうが良いでしょう。

ですが、それを補って余りあるコスパの良さがあります。
なにせ、10インチモデルがセール時には1万円前後で買えてしまうのですから。

私のように、メインの用途が動画サービスということであれば、Fireタブレットで充分です。
これ一つで、HuluもNetflixも使えます。もちろんプライムビデオも使えます。

iPadのように、クリエイティブ用途に使うのは難しいですし、3Dゲームをガンガン遊びたいという用途にも向きません。

ですが、マインクラフトくらいは遊べますし、私はセール時にドラクエの旧作をアプリで購入し、Fireタブレットで遊んでいます。

色々と制限はある端末ですが、その制限の中で最大限楽しむだけでも、値段分の価値は十分以上に発揮してくれます。


【Newモデル】Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 32GB

Kindle Paperwhite

Kindleは私にとって、とても思い出深い端末です。

現在はKindle Paperwhiteを2台所有しており、1台は日本のAmazonアカウントに、そしてもう1台は洋書の多読用に米国Amazonのアカウントに紐付けています。

もともと私は、英語の多読を始めたときにキーボート付きのKindle(第3世代)を米Amazonから取り寄せて使っていました。

その後に、第4世代のキーボード無しのKindleも米Amazonで購入し、こちらは6年くらい使用してボロボロになるまで使い倒しました。

読書好きの私にとって、かつて電子書籍端末は憧れの存在でした。

それをここまで普及させ、しかもこれだけリーズナブルな価格で販売しているAmazonには個人的にはとても感謝しています。

分厚い本を持ち歩く必要もなく、本棚にマンガ本を並べる必要もなくなったのはKindleのおかげです。

Fire タブレットでも電子書籍は読めますが、やはり専用端末の読みやすさには適いません。

私にとってKindleはこれからも、ずっと手放せない相棒であり続けるでしょう。


Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 電子書籍リーダー

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私がミニマリズムを実践しようと思えたのも、Amazonの存在によるところが大きいです。

Kindleが無かったら、大量のマンガや本が今もまだ家にあったはずですし、Fire TVが無かったらDVDプレイヤーを手放すこともなかったでしょう。

Amazonで頼めばたいていのものは数日以内に届くので、モノをたくさん所有しなくても暮らしていけるようになりました。

ある意味ではAmazonが我が家の倉庫代わりをしてくれているからこそ、我が家からはモノが減ったともいえます。

ミニマリストにはApple製品の愛用者が多いイメージがありますが、クリエイティブな仕事をしているわけでもなく、それほどハイスペックな端末を必要としない私のような人にとっては、Amazon端末で必要十分だと思います。

我が家ではまだまだこれからも、Amazon依存が進みそうです。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
ミニマリズム愛用品紹介
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました