貯まる家計になるために。貸借対照表を作って家計を見える化。

節約

こんにちは。シロミです。

お金を貯めたいのに、なかなか思うように貯まらない。

そんな悩みをお持ちの方は多いと思います。

私も、そんなにムダ遣いはしていないはずなのに、いまいちお金が貯まらないと悩むことがありました。

私の場合、その原因は「なんとなく」で家計を管理していたからでした。

あるときから、定期的に家計の貸借対照表を作るようになると、家計の状況が見える化できるようになり、徐々に家計が改善していき、お金を投資に回すこともできるようになりました

本日は、家計の貸借対照表を作ることの重要性について書きたいと思います。

スポンサーリンク

貸借対照表とは何か?

では、そもそも貸借対照表とはどんなものでしょうか。

もともとは企業が決算を公表するときに作る財務3表のひとつとして作成される資料で、企業の財政状態を記載した表になります。

表の左側(借方)に資産、右側(貸方)には負債と資本が書かれており、借方と貸方は必ず一致するので、英語ではバランスシートと呼びます。

企業の場合には、資産の中には現預金だけではなく、在庫などの棚卸資産や、製造設備などの固定資産などが含まれますし、負債も借入金や社債など、バランスシートも複雑になります。

ですが家計の場合には、基本的には資産側には預貯金や手元にある現金、負債側には住宅ローンやクレジットカードの未払残高など、お金に関する残高を一覧にしておけば十分でしょう。

例えば持ち家や車など、将来売ることができる資産を持っている場合や、投資用の不動産を持っている場合などは、それらをバランスシートに組み込むことも考えられますが、その場合はできる限り時価で記載しないと家計の状況がわかりにくくなります。

とはいえ、家や車の時価が中古市場から簡単にわかればいいですが、実際には難しい場合も多いと思いますので、その場合にはまずはお金周りのバランスシートをしっかり作って、残りはざっくり把握するのでも良いと思います。

貸借対照表を作ると貯まる家計になる理由

貯まる家計になるために、家計のバランスシートを作成する理由は、家計を見える化することです。

ダイエットをするときに、定期的に体重計で今の体重をチェックするように、家計も定期的に、バランスシートで状況をチェックする必要があります。

毎月末に作成するのでもいいですし、毎月だと大変だと思う場合には3カ月に1回でもいいでしょう。

私の場合も、3カ月に1回、家計のバランスシートをチェックすることにしています。

バランスシートを見るときに大事なのは、今の状況だけを見るのではなく、定期的に作成して過去と比較することです。

比較することによって、自分の資産が増えたのか、減ったのかをはっきりと数字で把握することができます。

ここで、前回より資産が減ったからといって落ち込む必要はありません。

バランスシートの目的は、現状をしっかりと把握すること。前回より増えた場合も、減った場合も、その原因を考えて、次にどうするかを考えるのが大事です。

ダイエットでも、痩せたいと思うだけではやせませんよね。まずは毎日体重計に乗って、体重をチェックすることが大事です。

それは、自分の体重をはっきりと見ることで、無意識のうちに自分の行動をコントロールして、節制したり運動量を増やしたりする動機づけになるからです。

逆に太っている現実を見るのがイヤで、体重計に乗ることを避けてしまう人は、現実を数値で把握していないので、なんとなく「まだ食べても大丈夫だろう」と考えて、余計なものを食べてしまったりします。

まずは、はっきりと数字で、現実を見つめることが大事なんですね。

家計も同じことで、まずは定期的に今の状況を把握することが、節約や投資など、お金を貯める・増やす行動への第一歩になります。

貸借対照表を作ってみよう

では実際に、バランスシートを作ってみましょう。

バランスシートを作るのには決まった方法はありませんが、今だと主に以下の3つの方法があるかと思います。

・手書きで作成
・エクセルで作成
・アプリを使って作成

どの方法でも構いませんが、やはりアプリを使うのが一番ラクだし正確です。

私も以前はエクセルでバランスシートを作っていましたが、今はアプリのマネーフォーワードMEを利用しています。

マネーフォーワードMEなら、ネットバンキングの口座や証券口座、クレジットカードを登録しておけば、自動で情報を引き継いでくれるため、いちいち個々の口座の情報を見にいく必要がなく、とても便利です。

有料のオプションもありますが、私の場合は今のところ無料の機能だけでも満足しています。

もっと積極的に家計改善したいという方は、有料オプションの利用を考えてみてもいいでしょう。

手書きやエクセルでバランスシートを作成する場合には、ひとつひとつの口座残高をチェックしていく必要があります。

口座が多すぎると面倒になりますので、まずは銀行口座の断捨離から始めるのもおススメです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

はじめはバランスシートを作成するのは面倒だと思うかもしれませんが、一度作ってしまえば、同じことを繰り返すだけなのでぐんとラクになります。

アプリを使えば、必要なのは最初の登録だけで、あとはアプリが自動で作ってくれますので、さらにハードルは下がりますね。

自分がいくらの資産を持っているかなんて、把握していて当たり前のような気がするかもしれませんが、しばらく使っていない銀行口座など、意外と正確には把握できていないケースも多いと思います。

「なんとなく」で家計管理していては、いつまで経っても改善できません。

まずは現状をしっかり把握することから始めてみましょう。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
節約
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました