ブログの書き方に悩んだときに。おススメの文章読本3選。

ブログ運営

こんにちは。シロミです。

ブログを書いてみたいけれど、何をどうやって書いたらいいかわからない。

そんな悩みを持っている人は多いと思います。

かくいう私も、全くの初心者からブログを始めて、ようやく3カ月が経過したところ。

約90本の記事を書いてきましたが、今も、文章には全く自信がありません。

本日は、そんな私が、ブログを書くにあたって参考になった本を3冊ご紹介したいと思います。

実際にはブログを始める前に、この何倍もの本を読んだのですが、その中でも特に役に立ったと思う本を厳選しました。

これからブログを始めてみたい人、ブログではなくとも、人に伝わる文章が書きたい人は、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

ブログを書く前に、読んでおきたい本3選

それでは、ブログを書くにあたって読んでおきたい本3選をご紹介します。

文章術に関しては、この3冊を読んでおけば十分です。

たくさんの本を読んでノウハウコレクターになるよりも、この3冊で学んだことを実践しながら改善していったほうが、はやく成長できるはずです。

いますぐ書け、の文章法

ブログを書く上でいちばんの障害は、「もう既に、同じテーマで優れた記事を書いているブログがあるのに、自分が今更これを書く必要があるのか」という悩みだったりします。

不安だから、もっと文章の書き方を勉強してから始めようとか、独自性のあるテーマが思い浮かんでから始めようと、いつまでも勉強と構想に時間を費やして、結局書けずじまいになったり。

うまい文章を書けるようにならないと、ブログを始めてはいけないのでは、と自分で自分にプレッシャーをかけて、身動きがとれなくなっている人、いますよね。

何を隠そう、ブログを始める前のわたしがそうでした(汗)。

そんな私に、この「いますぐ書け、の文章法」は、文章をうまく書く必要なんてない、ということを教えてくれました。

文章には、正しい書き方なんてない。だから、今自分が持っている言葉で、いますぐ書けばいい。

私なりにこの本のポイントをまとめるとこんな感じです。

・文章はサービス。常に、読んでいる人のことを考えて書くこと。
・文章を書くのは、人を変えるため。文章で自己表現はできないと思え。
・文章を書くのは頭ではなく肉体の作業。大事なのは勢い。

正しい文章、うまい文章を書けるようになってからブログを始めよう、と考えている人は、まずは本書を読んで意識を変えましょう。

新しい文章力の教室

つづいて2冊目は、「新しい文章力の教室」。

こちらはニュースメディアのナタリーで新人教育に使われている内容を書籍にしたものです。

Webメディアでの文章の書き方について、実践的な内容が学べます。

「書きたいことはあるんだけれど、どう書いたらいいのかわからない」と悩んでいるなら、ぜひ一読してみるとよいでしょう。

この本では、「読者に完読してもらえる文章」こそが良い文章であると定義して、では完読してもらえる文章を書くにはどうしたらよいか、というポイントが書かれています。

文章を書く前の準備に始まって、書いたあとに読み返して直す方法、伝わりやすい文章の書き方、読んでもらうための工夫など、実践的で具体的な内容となっています。

まずはブログを開設してみて、記事を書くときにこの本を参照しながら少しずつ改善していくのが良いのではないでしょうか。

私も本書をときどき読み返しつつ、毎日ブログを書いています。

人を操る禁断の文章術

最後は、メンタリストDaigoさんの「人を操る禁断の文章術」です。

この本は、文章そのものの書き方というよりは、「人を動かす」というところに重点を置いた本です。

文章を書くのは、人を変えるため。では、人を変える文章ってどうやって書くの?という疑問に答えた本といえるでしょう。

人を変える文章というのは、読んだ人に行動させる文章、ということ。

この本では、心理学的なテクニックを使って、どうやって人を動かす文章を書くかという実践的な内容が学べます。

ちょっとだけ内容について触れておくと、この本では以下の3つのステップで、人を動かす文章が書けるようになるといいます。

ステップ1:「書かない」3原則を知る(あれこれ書かない、きれいに書かない、自分で書かない)
ステップ2:人を動かす7つのトリガー
ステップ3:5つのテクニックを使って、人を動かす文章を書く

人を動かす7つのトリガーや、人を動かす文章を書くための5つのテクニックについては、実際に読んでみると、「なるほど」と思うことばかりです。

自分が雑誌やWeb記事を読んで、つい何かを買ってしまったときも、その裏ではこういうテクニックが使われていたのか、と思わず納得してしまいます。

この本を読めば、あなたも「人を動かす文章」が自由自在に書けるようになるかもしれませんよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

世の中には文章術の本はたくさんありますが、自分が書きたい文章を明確にしておかないと、目的に合わない本を選んでしまいます

ブログを書くのには、必ずしも美しい文章は必要ないし、凝った比喩表現や難しい漢字は、むしろ嫌われます。

学術論文や小説の書き方の本を読んでも、ブログを書くのにはあまり参考にはなりません。

そういう意味で、本日ご紹介した3冊はブログを始めたいという方にピッタリの内容です。

私もこれらの本を読みながら、日々ブログの更新に励んでいます。

ブログを始めてみたいという方、ブログを始めてみたものの、文章を書くのが苦手で悩んでいる方は、ぜひ今日ご紹介した3冊をチェックしてみてください。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
ブログ運営書評
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました