「経済的自由」について具体的に考えてみる

投資
シロミ
シロミ

こんにちは。シロミです。本日の記事は、

・「経済的自由」ってどういうこと?

・「経済的自由」を達成するにはどうしたらよい?

といった内容に興味のある方に向けた記事になります。

結論からいうと、「経済的自由」というのは、自分がやりたくないと思う仕事をしなくても生きていけるだけの経済力を持っている状態です。

例えば、株式からの配当収入だけで食うに困らない収入を得ていたり、不動産投資からの家賃収入で生活していたり、あとは最近だと、過去に撮影したYoutube動画からの収入だけで食べていけるなども含まれます。

いずれにしても、ここでいう自由というのは、「やりたくないことをやらなくてもいい」ことです。

やるかやらないかを自分で選ぶことができるというのは、イヤな仕事であっても逃げられないサラリーマンにとっては、憧れの立場ですよね。

本日は、じゃあ「経済的自由」を達成するというのは具体的にどんなことなのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも経済的自由のハードルを下げておくことが大事

いきなり世知辛い話で恐縮ですが、一番大事なのは生活コストを下げておくことです。

どれだけお金を持っていても、持っている以上に使ってしまえばお金は無くなります。これは誰にでも当てはまる真実です。10億円持っていても、月に1億使っていたら1年も持ちませんから。

経済的自由を達成するためには、いくら持っていれば経済的自由を達成したと言えるのか、ということを先に考えておく必要があります。禅問答みたいですが。

例えば月々30万円の生活費で暮らしていくとした場合、年間で360万円、この先50年生きるとしたら、1億8千万円が必要だということになります。なかなか厳しいですね。

一方で、もし生活費を月10万円まで下げることができたら、経済的自由に必要なお金は6千万円まで減ることになります。

東京都内で生活していたら月10万円は厳しいかもしれませんが、田舎に引っ越したら可能かもしれません。その場合、経済的自由を達成するハードルは確実に低くなるわけです。

このように、生活水準を下げれば下げるほど、経済的自由には近づきます。

ただ、生活水準を下げるにしても、自分の意志で、苦痛にならない範囲で行うことがポイントです。

苦痛に感じてしまったらその時点ですでに「自由」ではなくなってしまいます。

この点で、私がおススメするのはミニマリズムを実践することです。ミニマリズムについて知り、深く納得してからモノを減らしていけば、自然と生活費を削減することができるからです。

配当金収入だけで経済的自由を達成するには?

さて、では具体的に経済的自由を達成するためにはどんな手段があるでしょうか。

まず思いつくのが、株式からの配当金収入ですね。

例えば先ほどの例で見たように、月々10万円の生活費があれば暮らしていけるとすると、年間で必要な収入は120万円です。

高配当利回りと言われる株式でも、配当金は株価の5%程度となっていますので、仮に配当利回りが5%だとすると、2千4百万円分の株式を保有している必要があります。

実際には配当金に税金がかかるので、3千万円くらいは必要になるかと思います。

そう考えると、「経済的自由」はやはり簡単には達成できない目標になってきますね。

月々30万円の配当を得ようと思ったら、1億円くらいの資産は必要になるということですので、ハードルはかなり高いと言えるでしょう。

しかもこれは、全資産をリスク資産に投じた場合の話ですので、一部を安全資産として残しておこうと思ったら、より多くの資金が必要になります。

サラリーマンにとっての現実的な選択肢は?

というわけで、「経済的自由」を完全に達成するのはなかなか難しいことがわかりました。

私が思いつく中では、サラリーマンでありながら経済的自由を達成する方法は以下のような感じでしょうか(親が金持ち、というようなケースは除きます)。

①20代はコツコツ節約して、株式投資の元手を貯める
②高リターンの望める個別株に投資して、キャピタルゲインを得る
③個別株で十分なリターンを得たら、安定して高配当が期待できるETFや投資信託に投資する
④配当金生活で経済的自由を達成
ただ、この場合は②の個別株投資で成功することが条件になるので、株式投資について勉強した上でリスクをとって投資することが必要になります。

他にも、不動産投資でアパートのオーナーになって賃貸収入を得るなどもありますが、やはり不動産投資にも空き家リスクなどがありますので、わりとリスクは高めです。

結局のところ、ローリスクでハイリターンの投資は無いので、リスクをとるか、完全な「経済的自由」は諦めるかということになってしまいます。

小説を書いてベストセラーになったり、ブログで月100万円稼いだりすればローリスクハイリターンということにはなりますが、それ自体がハードル激高なので、ギャンブルで当てるより難しそうです。

ということで、私が考える現実的な選択肢としては、以下のとおりです。

・ミニマリズムを実践して生活コストを徹底的に下げる
・働いて稼ぎ、稼いだお金をコツコツとインデックスファンドに投資し続ける
・ブログなど、ローリスクで安定した不労所得が得られる副業にチャレンジしてみる
・ある程度お金が貯まったら、高配当株ETFなどに投資して配当収入を狙う

これで狙うのは、完全な経済的自由ではなく、半分くらいの経済的自由という感じです。

生活費に30万円必要なら、なんとか15万円くらいの不労所得を目指せないかな、という姿勢です。

月に15万円の不労所得があったら、週に3日くらい働いてあと15万円を稼ぐ手段を見つけられたら、週4日間は経済的自由を達成したともいえるわけです。

実際に半分でも経済的自由を達成できていたら、生きていく上で気分的には劇的にラクになるのではないかと想像します。

いやなことから逃げられないという追い詰められた気持ちではなく、逃げようと思えばギリギリ逃げられるかも、と思えるだけでも精神的なキツさは全然違ってくると思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

実際のところ私は経済的自由とは全く縁のない状態ですが、ミニマリズムの実践やインデックス投資によって、少しずつ経済的自由に向けた努力を進めています。

仕事がイヤだからというわけではないのですが、人生100年時代と言われる中で、少しでもラクに暮らしていくためには、多少のリスクをとって配当金収入を得たり、モノを所有する欲望を手放したりといったことは必要不可欠だと思っているからです。

いずれはベーシックインカムが導入されて、働かなくても最低限生きていける世の中が来るのかもしれませんが、今のところは自助努力で、「経済的に半分自由」くらいを目指して頑張っていきたいと思います。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
投資節約
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました