シンプルで効率的な筋トレ。HIITをおススメする理由。

ダイエット・健康
シロミ
シロミ

こんにちは。シロミです。本日の記事では、

・サラリーマンが平日に無理なくできる筋トレを知りたい

・お金をかけずに筋トレ・ダイエットしたい

という方におススメのトレーニングをご紹介します。

本日ご紹介するのは、HIIT(高強度インターバルトレーニング)と呼ばれるトレーニング方法です。

私自身、お金をかけずにカラダを鍛えたいと思い、さまざまな自重トレーニングを試してきましたが、今のところHIITトレーニングに落ち着いています。

本日の記事では、以下の3つのポイントで、HIITトレーニングをおススメする理由について書いていきたいと思います。

・そもそもHIITトレーニングとは
・HIITは、無料、シンプル、効率的
・HIITを実践してみよう

HIITは時間もかからず、効率的にトレーニングできる方法ですので、忙しいサラリーマンにもピッタリです。

自宅でできる筋トレを求めているアナタ、ぜひこの記事を読んで実践してみてください。

スポンサーリンク

HIITとはどんなトレーニング方法か?

HIITとは、High Intensity Interval Training の略で、日本語にすると高強度インターバルトレーニングと呼ばれています。

1日たった4分で効率的にトレーニングできるということで話題になっています。

やり方は簡単で、高負荷のトレーニングメニューを20秒行い、10秒休憩し、また20秒トレーニング、というのを繰り返すだけです。

よくおススメされているのが、4種類のトレーニングメニューを2回転して、計4分間のトレーニングを行う方法です。

HIITでは短時間で高負荷な運動を繰り返すため、以下のような効果があるとされています。

・消費カロリーが多い
・脂肪燃焼効果が高い
・トレーニング後も長時間にわたって脂肪燃焼効果が続く

いかがでしょうか。1日たった4分の運動でこれらの効果が得られるならば、やってみないと損ですね。

私自身は、全身を鍛えるために、腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットという4つの系統のメニューを毎日3周行うようにしています。

1日6分の運動ですが、続けていると体が締まってきますし、体調も良くなります。

ご参考までに、私が行っている具体的なメニューを動画で紹介しておきます。

腕立て伏せメニュー:ヒンズープッシュアップ
腹筋メニュー:ツイストクランチ
背筋メニュー:ダイアゴナルエクステンション
スクワットメニュー:フルスクワット

HIITは、無料、シンプル、効率的

HIITは自宅で短時間で行えるトレーニングですので、以下のような人におススメです。

・お金をかけずにトレーニングしたい
・忙しくてジムに通う時間がない
・ゴリゴリのマッチョを目指しているわけではなく、健康的なカラダをつくりたい
 
私自身、仕事が忙しい時期もあるため、定期的にジムに通う自信がなかったので、自宅でできるトレーニング方法を探していました。
 
最初は、プッシュアップバーやアブローラーを購入して自宅で使用していたものの、HIITを知ってからは道具を使わないトレーニングで充分と判断したので手放してしまいました。

HIITは、20秒トレーニングして10秒休憩というサイクルが決まっているだけで、トレーニングの内容自体はその時の自分にとって高負荷な運動をやればいいので、初心者でも始めやすいと思います。

トレーニングメニューはネットで検索したり、YouTubeで探せば動画で解説が見られますので、自分のレベルに合ったメニューから始めて、徐々に負荷を上げていきましょう。

HIITにデメリットがあるとすれば、自重トレーニングであるが故に、ゴリゴリのマッチョを目指すには負荷が足りないかもしれません。そういう方は、ジムで器具を使ったほうが効率的かと思います。

どちらかというとHIITは、細マッチョを目指すのに適したトレーニングであるように思います。

健康的で引き締まったカラダをつくりたい、という方にはピッタリでしょう。

HIITを実践してみよう

HIITを実践するのに必要なものは、実際のところ特にありません。

トレーニングメニューを決めたら、あとは実践あるのみです。

ただ、20秒→10秒のサイクルを自分で計るのは面倒なので、スマホアプリを利用するのがおススメです。

私が毎日HIITを行う上で便利に使っているのが、以下のアンドロイド用アプリです。
iPhoneユーザの方はストアでHIITやTABATAで検索すると同様のアプリが見つかるかと思います。

Tabata Timer - タバタタイマー 無料

Tabata Timer – タバタタイマー 無料
開発元:Simple Vision
無料
posted withアプリーチ

このアプリは、20秒→10秒のサイクルを計測してくれるだけでなく、何セット行うかも設定できますし、トレーニングをした日にはスタンプを付けてくれるので、モチベーション維持にも役立ちます。

無料ですので、気になる方はぜひ使ってみてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私はダイエット目的で少食(1日2食分生活)を続けています。

先日ご紹介した「空腹」こそ最強のクスリにも書かれていましたが、食べる量を減らしたり、断食したりするのはダイエットや健康には有効ですが、一方で筋肉がエネルギーとして消費されてしまい、筋肉量が減ってしまうというデメリットがあります。

そこで、HIITで自宅で短時間トレーニングを行うことで、充分な筋肉量を維持することができます。

ただ痩せるだけでなく、引き締まった健康的なカラダを手に入れるために、ぜひHIITを取り入れてみてください。

HIITについて詳しく知りたい方はこちらがおススメ。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
ダイエット・健康
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました