Kindle Unlimitedを3カ月使ってみた感想

思考

こんにちは。シロミです。

私は日本語用と洋書用にKindle Paperwhiteを2台持っているくらいKindleが好きなのですが、Kindle Unlimitedは使ったことがありませんでした。

毎週末に子供と一緒に図書館に行って本を借りることにしているので、読書についてはサブスクリプションサービスの必要性をあまり感じていなかったからです。

ですが今年はAmazonのセール時に、Kindle Unlimitedを3カ月間99円で利用できるというキャンペーンがあったので、一カ月あたり33円ならということで試しに利用してみることにしました。

お試し利用を始めて3カ月くらい経ったので、今日はKindle Unlimitedを利用してみた感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedを使ってみた感想

Kindle Unlimitedは、通常であれば月額980円で、対象の雑誌や書籍、マンガが読み放題というサービスです。

980円という値段をどう考えるかですが、動画配信サービスや音楽聞き放題サービスも、だいたい月額千円ほどということが多いので、まあ妥当な価格帯なのかなと思います。

一方で、音楽や映画は近所でレンタルすると有料ですが、書籍の場合は図書館で無料で読めるということもあるので、図書館が近所にあったりすると、Kindle Unlimitedには魅力を感じにくいかもしれません。

また、Kindle Unlimitedの読み放題ラインナップも、動画や音楽のサブスクリプションサービスに比べると、まだまだ貧弱と言わざるを得ません。

NetflixやHuluでは、オリジナルコンテンツや最新のドラマや映画などが次々に配信されているのに対し、Kindle Unlimitedでは人気マンガの最新刊が読み放題とかいうことは基本的にありません。

そもそもメジャーなマンガ誌で連載中の人気マンガが読み放題対象になっていることが少ない(というかほぼない)ですし、それは書籍に関しても同様です。

同じ月額1000円として比べたときに、最新のコンテンツや人気のコンテンツがどれだけ楽しめるかという観点で見たときには、動画や音楽のサービスのほうが満足感が高いかなというのが正直な印象です。

ただ、本の読み放題サービスについてはKindle Unlimited以外にはあまり有力なものが無いのも事実ですので、Amazonにはぜひ今後もUnlimited対象の充実を進めてもらいたいですね。

Kindle Unlimitedでは、普段読まないタイプの本を読むのが正解。

Kindle Unlimitedの最大の利点は、わざわざお金を出して買うほどではないけれど、ちょっと気になる本があったときに気軽に読めることです。

タイミングによって、期間限定で〇〇社の新書が読み放題などのキャンペーンが実施されていたりするので、普段なら読まないようなジャンルの本を読んでみるのがいいと思います。

ちなみに、私がKindle Unlimitedで読んで面白かった、ためになった本をご紹介しておきます。
(現時点ではUnlimited対象から外れている本もあるかもしれませんので、ご了承ください。)

これらの本も、Kindle Unlimitedを利用しなかったら出会うこともなかったでしょう。

本屋で立ち読みするような感覚でダウンロードし、気に入ったら最後まで読むという使い方もいいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私の場合、近所に図書館があって、予約しておけば大抵の本は読むことができるので、月額千円を払ってKindle Unlimitedを利用するかというと、まだ微妙かなというところです。

月300円くらいなら利用すると思いますが、千円だとちょっと厳しい。

日本だとマンガが強いので、人気の連載中マンガのラインナップが増えてくると、もっと盛り上がると思うのですが。

書籍に関しても、図書館並みとまではいかなくとも、人気の小説やビジネス書がもっと読み放題の対象になってくれることを願います。

NetflixやAppleミュージックなど、定額で視聴し放題というのは時代の流れですよね。

書籍はだいぶ遅れている感があるので、Kindleが大好きな私としては、ぜひAmazonには頑張って欲しいです。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
思考
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました