お金を増やすには、投資よりまずは節約から【ラテマネー】

節約

こんにちは。シロミです。

・貯金したいけれど、気が付くといつの間にかお金が減っている

・投資に挑戦してみたいけれどその資金が無い

・無駄遣いはやめたいと思いつつ、ついコンビニでお菓子やお酒などを買ってしまう

お金を増やしたいと思いながら、なかなか貯められない、投資に回すお金が捻出できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今日は、そもそも投資するよりも節約したほうが早いよね、というお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

投資して得られるお金って実際のところどのくらい?

投資で増やせるお金というのを具体的に思い浮かべてみましょう。

例えば、株式投資で年間で5%の収益が得られたとして、100万円投資すると年間5万円の利益になります。

ここから通常20%程度の税金が引かれるので、結果として手元に残るのは4万円ですね。

100万円を元本割れのリスクに晒して投資しても、年間4万円にしかならないわけです。

もちろん、5%以上の値上がりをする可能性もありますが、現実的に平均的には5%の利回りを得るのは結構ハードルが高いのではないかと思います。

このように、投資というのは元本が巨額になれば配当や利息も大きくなりますが、お金持ちでもなければ元本が小さいので、投資から得られる収益というのはさほど大きいものではありません。

だからこそ我々庶民には、10年、20年という時間をかけてコツコツ投資し、少ない資金を徐々に育てていくような投資方法が適しているとも言えます。

まずは投資よりも節約を優先すべき理由

先ほどの例と同じ5万円を、投資以外で稼ぐ方法はいくらでもあると思いますが、まず考えてみるべきは節約です。

「自動的に大金持ちになる方法」(デヴィッド・バック著)という本で、ラテマネーという言葉が紹介されています。ラテはカフェラテのことを指していて、要するに日常生活で何気なく使っている、小さな支出のことです。

一杯のカフェラテは数百円のものですが、毎日積み重なると気付かぬうちに結構な金額を使っていることがわかります。仮に一杯300円としても、平日20日間飲んだとして月に6000円、年間では7万2000円になります。

これを100円コーヒーに変えると、年間では2万4000円になるので、差額の4万8000円が節約できたことになります。ほぼ、100万円投資して5%の利益を得た場合と同じくらいの金額が手元に残るわけですね。

しかも、節約したお金には税金はかかりませんし、元本の100万円をリスクに晒す必要もありません。

こうして考えると、まずは自分の日常の中のラテマネーを意識して節約するほうが、効率よくお金を増やせると思います。

最後に

お金を貯められない理由というのは、人によって違うとは思いますが、日常生活の中で習慣化してしまっているラテマネーを見直すというのは、意外と大きな効果があると思います。

毎夜2本飲んでいるビールを1本にしてみる。コンビニ通いでつい買ってしまうお菓子をやめてみる。こうした小さな出費を見直すだけで、実は投資から得ようとしているお金よりも多くのお金を貯めることができるかもしれません。

実際に私は、毎日コンビニで買っていたコーヒーを、インスタントコーヒーを買って給湯室でお湯を入れるように変えた結果、月に5000円くらい節約できましたし、1日2食分生活を始めてからはランチが毎日300円くらいで済むので、こちらでも月6000円くらいは節約できています。

これだけでも年間にすると12万円以上になりますので、日常的な出費というのは意外と侮れません。

投資は、こうやって節約して余ったお金を使って始めてみるのでも充分だと思います。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
節約
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました