【読書メモ】投資家みたいに生きろ(藤野 英人)

投資

こんにちは。シロミです。

本日ご紹介する本は、藤野 英人さんの「投資家みたいに生きろ」です。

著者の藤野さんは、ひふみ投信で有名なレオスキャピタルワークスの社長さんです。

ひふみ投信はいわゆるアクティブファンドですので、インデックス投資を主体にしている私はお世話になっていないのですが、投資家としての考え方を学ぶ意味で今回読んでみました。

本のタイトルにもあるとおり、この本は”投資家という職業になるための本”ではなく、”投資家みたいに生きるための本”です。

これからの時代を生きる上で参考になる本だと思いますので、今日の記事を読んで興味をもったらぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

将来への不安をなくすために

「老後2000万円問題」に象徴されるように、現代はお金の不安が絶えない時代ですよね。

お金がないのはもちろん不安ですが、少しくらい貯金があっても、ニュースやネットでお金に関する不安が煽られて、いつまでたっても安心できません。

そんな将来への不安をなくすために、著者が提唱するのが”投資家みたいに生きる”ことなのです。

世の中のどこにチャンスがあるのか、常にアンテナを張って、自己投資して成長していくことで、どんなことがあっても自分は稼げるという自信がつけば、お金の不安もなくなります。

そのために、投資家の考え方、スタイルを身につけようというのが本書の趣旨です。

ここでいう投資というのは、お金に限ったことではありません。

著者のいう投資とは、「エネルギーを投入して、未来からお返しをいただく行為」のこと。

企業がお金や人材というエネルギーを投じて、設備や店舗を建てるのも投資です。

同じように、エネルギーを子供に投じれば教育投資、自分に投じれば自己投資です。

こう考えると、投資を身近に感じることができるのではないでしょうか。

リスクを取ってこそ、成長がある

日本人は、リスクをとるのが嫌いな国民だといわれます。

株式や投資信託などのいわゆるリスク資産への投資も、つみたてNISA等の制度の普及で少しずつ広がってきているものの、まだまだ実践しているのは少数派ではないでしょうか。

ですがそもそも、いまの私たちの生活も、誰かがリスクをとってエネルギーを投資したからこそ成り立っています。

たとえばコンビニに並ぶおにぎりやペットボトル飲料などの商品も、誰かがリスクをとって会社を起こし、工場を建てたり従業員を雇って製造しているからこそお店に並んでいます。

スマホだってパソコンだって、世の中にある商品は全て、メーカーがリスクをとって企画・製造し、お店がリスクをとって仕入れているものですよね。

映画や本だって、損をするリスクをとって製作されているわけですから、制作している会社にとっては投資です。

このように、リスクをとって挑戦しようという会社や個人の投資があったからこそ、私たちの豊かな暮らしが成り立っているわけですね。

そして、私たちが働いている会社も、そういった投資活動のひとつです。

その意味で、サラリーマンである我々もすでに、何らかの投資活動に参加していますし、そもそも会社で働くこと自体が、私たちの時間や人的資産を、ひとつの職場に投資する行為であるともいえるでしょう。

リスクはゼロにはならない。リスクと向き合うことが大切。

投資にはリスクがつきものです。

日本人はリスクをとることが嫌いな国民なので、多くの人が、リスクを避けることこそが安全だと考えています。

ですが、そもそもリスクがゼロになるというのは、思い込みに過ぎないと著者はいいます。

例えば銀行にお金を預けることを考えてみましょう。

銀行は、私たち預金者から集めたお金を企業などに貸し出して、金利を得ることで利益を得ています。その結果、私たちは微々たる利息を受け取ります。

こうしてみると、銀行にお金を預けるのもひとつの投資です。投資としてはかなりリターンは少ないですが、多くの人はリターンよりも安全性をもとめて、銀行にお金を預けています。

額面では元本割れすることはないので一見リスクはゼロのように見えますが、実際には世の中でインフレが進めば、お金の実質的な価値が目減りすることもあり得ます。

そう考えると、銀行にお金を預けるという一番安全に見える投資でさえも、まったくのノーリスクではないわけです。

絶対に安全と思われていた大企業が倒産することもあるし、そもそも日本に住んでいる時点で、地震や台風といった自然災害のリスクともつきあっていかなければなりません。

ですから、リスクをゼロにできるという思い込みは捨てて、リスクとどう向き合うかを考えたほうがいい。

著者のいうように、”真の安定とは、変化しない場所でじっとしていることではなく、どんな変化にも対応して動けるようにしておくこと”なんですね。

だから、リスクがゼロになるのを待ったまま動かない人になるのではなく、リスクを下げる努力をしつつ、よきタイミングで挑戦する、リスクをとる、という投資家的な生き方が必要なのです。

投資家的な習慣を身につけて、長い目で資産を増やす

では、投資家みたいに生きるにはどうしたらよいか。

とにかく、行動してみることです。

ベストなタイミングが来るまで待つという姿勢では、チャンスを逃します。

思い立ったらまずやってみる。

過去にとらわれず、未来をみて行動する。

なにをやるか選ぶときには、自分が好きなこと、夢中になれることを選ぶ。

そして、スキルや人脈など、長い目でみて資産を増やしていく。成長し続ける。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私自身、ちょっと前まではお金は銀行に預けっぱなしで、投資には興味はありませんでした。

ですが最近は、世の中のどういうところにチャンスがあるのか、自分で考えて行動していかないと、いつまで経っても安心して暮らせるようにはならないと感じています。

最近はYoutubeなどでも投資や副業など、収入の複線化をサポートするコンテンツが充実してきており、日本でも投資家みたいに生きる人が増えてきているように思います。

私自身も、最近ではインデックスファンドや国債への投資を始めたり、少しでも高い金利の銀行にお金を預け替えたりと、ちょっとずつ行動しています。

お金だけでなく、たとえばミニマリズムについて知り、時間をかけて実践してきたことも、ある意味で自己投資です(これは金銭的にも、精神的にもリターンの大きい投資だったなと思っています)。

ブログ記事を書くことも、投資のひとつみたいなものですね(こちらはなかなかリターンを得るのは難しいですが)。

サラリーマンであっても、リスクと向き合い、投資家みたいに生きることは可能だし、そのほうが楽しく生きられるんじゃないかというのが、最近の実感です。

本書を読めば、あなたも投資家マインドを身につけて、投資家みたいに生きられるようになるかもしれません。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
投資書評
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました