クローゼットをすっきり整理したい人におススメ。MAWAハンガーを使ってみた感想。

ファッション

こんにちは。シロミです。

ミニマリズムを実践し始めてから、洋服の数も徐々に減らしてきました。

クローゼットに洋服が少なくなってくると、気になってくるのがハンガーです。

別にハンガーなんて、服がかかれば何でもいいよ、とお考えでしょうか?

私自身、少し前まではそう考えていました。

でも、 ミニマリストたるもの、ハンガーもミニマルですっきりしたものを使いたいもの。

そこで選んだのがMAWAハンガーでした。

実際にMAWAハンガーを使い始めてみると、100円ショップで買ったハンガーや、クリーニングに出した服が返ってきたときに付いていた適当なハンガーには戻れなくなりました。

ハンガーなんて服がかかればいい、と思う方にこそおススメしたいハンガーです。

スポンサーリンク

MAWAハンガーとは?

MAWAハンガーとは、ドイツのハンガーメーカーであるMAWA社が製造しているハンガーです。

シンプルですっきりしたデザイン

MAWAハンガーの特徴のひとつとして、ムダのないデザインが挙げられます。

余計な装飾は一切ありません。非常にミニマルなデザインです。

しかも普通のハンガーに比べると細いので、クローゼットの中で並べると、普通のハンガーよりもスペースをとりません。洋服をかけても、普通のハンガーよりもクローゼットのスペースを節約できます。

クローゼットの中をMAWAハンガーで揃えると、スペースもとらないし、見た目もすっきりして統一感がでるので、非常におススメです。

特殊コーティングにより、衣類がすべり落ちない

MAWAハンガーは、衣類をかける部分が特殊塩化ビニルでコーティングされており、衣類がすべり落ちません。

どのくらいすべり落ちないかというと、クローゼットの中でMAWAハンガーにかけたワイシャツを引っ張って取り出そうとしても、それだけでは取り出せないくらいです。

普通のハンガーであればするするっとすべって取り出せるところが、MAWAハンガーではそうはいきません。

正直なところ、横着な人には向かないハンガーかもしれません(笑)

急いで準備しようとして、服を引っ張っても取り出せません。わりと丁寧に、ハンガーから洋服を持ち上げるように取り出す必要があります。

そのせいで自然と洋服を丁寧に扱うようになるので、私は気に入っています。

私が愛用しているMAWAハンガーたち

MAWAハンガーには形やサイズがいろいろと用意されており、かける洋服の種類やサイズによって使い分けることができます。

その中でも私が実際に愛用しているMAWAハンガーをご紹介します。

メンズサイズ エコノミック 46P

MAWAハンガーの中でも最もスタンダードでシンプルなデザインです。

丸みを帯びたデザインなので、Tシャツやセーターなどを型崩れせずにかけておくことができます。

私は主に、パーカーやニット製品をかけておくのに使用しています。

メンズサイズ シルエット 45F

こちらは首の部分が少し出っ張ったようなデザインです。

仕事用のワイシャツや私服のドレスシャツやジャケット、コートなどをかけておくのに使用しています。

日常生活の中では一番活躍しているシリーズですね。

ボトムス用ハンガー

MAWAハンガーの中でも個人的にイチ押しなのがこのボトムス用ハンガーです。

MAWAハンガーの、「すべり落ちない」という特徴が最も発揮されるのがボトムスだからです。

スーツのズボンなどが、ハンガーからすべり落ちてイライラすることってありますよね?

私もMAWAハンガーを使うまでは、クローゼットの中でいつの間にかズボンが落ちていたり、他の服を取り出すときに引っかかってズボンが落ちたりしていました。

ちょっとしたことなんですが、結構イライラするんですよね。

それが、MAWAハンガーを使い始めてからは、全く落ちることがなくなりました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私自身、ちょっと前までは、ハンガーなんてどれでも変わらないと思っていましたが、MAWAハンガーに変えてからはもう元の適当なハンガーには戻れません。

100円ショップで買うのに比べると多少値段は高めですが、それだけの価値があるハンガーです。

洋服がある以上、ハンガーは絶対に必要なものですし、毎日使うものなので、多少お値段が高くても、良いものを使ったほうが満足度が高いです。

洋服の数を減らして厳選し、余裕のあるクローゼットにした上で、ミニマルなデザインのMAWAハンガーで統一されていると、クローゼットのオシャレ感が一気に増しますのでおススメです。

以上になります。

タイトルとURLをコピーしました