子供にもミニマリズムを教えるべき?我が家の考え方。

ミニマリズム
シロミ
シロミ

こんにちは。シロミです。本日の記事は、

・子供にもミニマリズムを教えてモノを減らさせるべき?

・どんなふうに子供の持ち物を減らしていけばいい?

という疑問をお持ちの方に向けた内容になっています。

結論からいうと、我が家では子供にはミニマリズムの考え方を教えることはしていません。モノを減らすことも強制しません。

なぜかというと、私自信がかつてはモノに囲まれた生活をしていて、そういった生活を経験しているからこそ、今ではたくさんのモノがなくても幸せに暮らせると感じるからです。

この記事では、以下の2つのポイントから子供のミニマリズムについて考えてみたいと思います。

1.ミニマリズムは、モノに溢れた暮らしへの反動である
2.子供にはまずモノがある暮らしを体験させ、モノを捨てる経験をさせる
この記事を読み終えたら、子供にどうやってモノとの付き合い方を教えていくか、ヒントが得られるかもしれません。
 
では、始めていきましょう。
スポンサーリンク

ミニマリズムは、モノに溢れた暮らしへの反動である

これは私自信の経験から言えることなのですが、ミニマリストという人たちは、過去にはモノに溢れた生活をしていた経験があり、モノだらけの生活に疲れた反動で、ミニマリストになるものだと思います。

私もかつては、読み切れないくらいの本を積読し、遊びきれないくらいのゲームソフトを持ち、めったに着ない洋服があり、あまり使っていない大きなスピーカーを持っていたりしました。

私の世代というのは、子供のころにナイキのエアマックスがブームになったり、たまごっちが品切れでプレミアがついたり、次々と新しいゲーム機が発売され、少年ジャンプは過去最高の発行部数を達成し、といった、モノバブルの時代だったと思います。

そういう時代に生まれて、モノに溢れた生活こそが幸せだ、という価値観を疑いもせずに生きてきました。

最近になって、スマートフォンや電子書籍、動画や音楽のサブスクリプション型サービスが普及してきたこともあって、モノを持たなくてもエンターテイメントには事欠かない時代になりました。

私がモノを減らすことができたのは、こうした技術の発展があったからだと自覚しています。
そうでなければ私は今も、多くの本やCD、ゲームに囲まれた生活をしていたと思います。

こうした自覚があるので、私は自分の子供に対して、むやみにモノを減らすことを強要しません。というか、できません。

私自信がモノを減らせるようになったのも最近なのに、幼い子供に、モノを持つことを我慢しろといっても無理があると思っています。

子供にはモノを持つことを体験させ、モノを捨てる経験をさせる

とはいえ、子供のモノを無限にため込むわけにはいきません。

おもちゃだけでなく、保育園や小学校で使う道具や、工作などの制作物など、子供の持ち物はだまっていても増えていくものですよね。

以前、下の記事でも書きましたが、我が家では、子供の制作物などは、写真に撮ったうえで1ヵ月ほど子供から見えないところに隠しておき、子供が気付かないようであればそのまま捨てることにしています。

そのほかにも、
・おもちゃを入れる箱を決めておき、それがいっぱいになったら、溢れたぶんどれか捨てる
・絵本などは、一冊買ったら古いものを一冊捨てる
など、ルールを決めて子供に捨てるものを選んでもらうのも良い方法だと思います。

子供には、モノを買うだけでなく、どれを残すのか、どれを捨てるのかを自分で選んで、モノを捨てる経験もさせたいと思っています。

絶対に欲しいと思って買ったけれど、買ってみると意外とすぐに飽きてしまった、という経験は誰にでもあると思います。そういった経験をするからこそ、自分にとって必要なものを選ぶ目を養うことができます。

ですから、我が家ではただ単に買うのを我慢させるのではなく、本当に欲しいものは買ってみて、実際に長く持ちたいと思えるものなのか、すぐに飽きて使わなくなってしまうものなのか、経験から学んでいってくれればと思っています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

現在はミニマリズムが受け入れられ、流行しているといってもいい状況だと思いますが、10年前、20年前にミニマリズムを唱えている人がいたら、単に貧乏と思われるか、変わった人だと思われるだけだったのではないでしょうか。

これから先、また10年、20年と時が経てば世間の価値観も変わりますし、モノをたくさん持つことが幸せだという価値観も根強いです。

子供達には、何か単一の価値観を教え込むのではなく、色々な経験から自然に自分たちの考え方を見つけていってくれればと思います。

そのときに、親はモノの少ない生活をしていたな、それで幸せそうだったな、と思ってもらえるように、まずは自分たちが率先してモノを減らしていくことが大事かなと思っています。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
ミニマリズム
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました