お金の不安をなくすために。マネーリテラシーを身につけよう。

節約
シロミ
シロミ

こんにちは。シロミです。本日の記事は、

・将来のお金が不安。どうやって貯めていけばいい?

・堅実にお金を増やしていくにはどうしたらいい?

という疑問をお持ちの方に向けた内容になっています。

結論からいうと、まずはお金に関する基本的な考え方(マネーリテラシー)を身につけるのがおススメです。

なぜなら、マネーリテラシーが身についていないと、やみくもに節約したり、必要以上に稼がないといけないと焦ってしまい、かえって幸せから遠ざかる結果になりかねないからです。

本日の記事では、マネー・リテラシーについて以下3つのポイントからお伝えしていきたいと思います。

1.お金を増やす目的を考える
2.必要な金額を知る
3.お金を増やす方法を知る

この記事を読み終えたら、

では、始めていきましょう。

スポンサーリンク

なぜお金を増やしたいのかを考える

なぜお金を増やしたいの?と聞かれて、あなたは何と答えるでしょうか?

もっとたくさんのモノが欲しいから?それとも旅行に行きたいから?
もっと安心して暮らしたいから?

色々な答えがあると思いますが、基本的には、「幸せになるため」ではないでしょうか。
お金があればあるほど幸せになれると思うから、私たちは一生懸命働き、お金を増やそうとします。

では、いったいいくらあれば、私たちは完璧に幸せになれるのでしょうか?
実際のところ、お金がないと本当に幸せにはなれないのでしょうか?

経済学には、「限界効用」という考え方があります。モノやサービスを1つ追加で消費したときに、どれだけ幸せが増えるか、というような意味の言葉です。

通常、モノやサービスを追加で消費するたびに、私たちが得るメリットは薄れていきます。
居酒屋で飲む1杯目のビールはとてもおいしいですが、2杯目、3杯目とすすむと、1杯目ほどのおいしさは感じないですよね。

実は「お金」にも、これと同じような考え方があてはまります。
年収300万円から年収400万円に上がったのと、年収2000万円から2100万円に上がったのとでは、同じ100万円の年収アップであっても感じる満足感には差があるのはわかるかと思います。

基本的なニーズが満たされた後では、お金を得ることの満足感は薄れていくのです。

ですから、ただやみくもにお金を増やすことだけを目的にしてしまうと、いくらお金を増やしたところで満足できず、幸せにもなれない、ということが起こるのです。

自分にはお金がいくら必要なのかを知る

では、お金を増やす努力がいらないかというと、そういうわけではありません。

必要以上にお金ばかりを追い求めても幸せにはなれませんが、お金がなくても幸せにはなれません。

そこで、次に考えるべきことは、自分はいくらお金があれば安心できるのか、ということです。

これを知るためには、自分が満足に暮らしていくためには、どれだけのお金を使う必要があるかを知らなければいけません。

これは人によって差がありますので、世の中の平均で考えてもあまり意味がありません。居酒屋のビールの例えでいえば、1杯で充分という人もいれば、お酒が好きで何杯でも飲めるという人もいるのと同じです。

ミニマリスト生活を実践して、月8万円で充分満足な暮らしができる人もいれば、都内のタワーマンションに住んで家賃だけでウン十万円かけないと満足できないという人もいるでしょう。

もちろん、生活スタイルの変化や自分の寿命を見通すことなんて不可能なので、完璧に計算するのは不可能ですが、目安くらいは知っておかないと、いつまでたってもお金の不安から解放されないままです。

最低限、以下のようなお金をざっくりと見積もっておくだけでも、自分がもっと稼がなければならないのか、今のままでも充分に幸せに暮らしていけそうなのかの目安は得られるでしょう。
・月々の生活費
・将来明らかに必要になるお金(結婚資金、子供の教育費用、住宅購入費用など)

将来病気になって働けなくなったらどうするんだとか、不安に感じることはあるかもしれませんが、備えるべきリスクには保険で備えておき、考えても仕方のないことは考えない、という姿勢も大事かと思います。

お金を増やす方法を知る

必要なお金がわかったところで、あとはどうやってお金を増やすかということです。
一般的に、お金を増やす方法は以下の3つです。

①稼ぐ
②貯める
③殖やす

働いて稼いだお金を、ムダ遣いせずに貯めて、それを原資として殖やす。
このサイクルを上手く回すことで長期的な視点でお金を増やしていくことが大切です。

稼ぐ力をつける

お金を増やすのに一番重要なのは、やはり稼ぐ力をつけることです。

かつてのように、長く勤めれば自然と給料が上がっていくという時代でもありませんので、常にスキルを磨く努力をして、より稼げる仕事への転職や副業を考えることも必要になるかもしれません。

私自信はただのサラリーマンなので会社からの給与所得で生活していますが、今はフリーランスで活躍する方も増えていますし、場合によってはプログラミングやライターなど、在宅ワークで稼ぐといった可能性もだいぶ開かれてきているようです。

いずれにしても、毎月生活していくのに十分な収入を得る、というのは、安心して生きていくための基盤になります。

ムダな支出を減らして、貯める額を増やしていく

当たり前のことですが、いくら大金を稼いでも、全部使ってしまえばお金は残りません。

例えば、月収50万円で生活費に40万円かけているAさんよりも、月収25万円で生活費10万円のBさんのほうが、結果的に残るお金が多いので、豊かになるのも早いですね。

AさんとBさんで、月々残る金額の差は5万円ですが、この残ったお金を投資して複利で運用していくと、結果として積みあがる蓄えには大きな差がでてきます。

ですので、稼ぐ額が増えたからといって、それに合わせて生活水準を上げてしまわないことが大事になってきます。

お金を貯めるには、固定費の削減から始めるのがおススメです。

家族持ちの方なら、保険の見直しも検討の余地ありですね。

貯めたお金を投資で殖やす

貯めたお金をただ貯金しておいても、現在の低金利下ではほぼ増えません。

貯めたお金のうち、「一時的に減ったとしても困らないお金」については、インデックス投資で長期分散投資することを検討してみましょう。

せっかく貯めたお金をリスクにさらすことに抵抗があるかもしれませんが、世界全体に分散投資されるインデックス投信に長期で投資していくことは、「10年~20年単位で考えれば、全体として世界経済は成長していくだろう」と信じることです。

私自身は、個別の企業が成長するかどうかを判断する能力はありませんが、ざっくり世界全体としてみれば、長期的には経済成長していくはず、と楽観的に構えています。

貯めたお金を投資することで、お金は「資産」に変わり、自分の代わりに働いてくれるのです。

投資先はインデックス投信に限らず色々ありますが、特に若いうちは、自己投資して稼ぐ力をアップする、というのも大事です。

書籍やスクールなど、積極的にスキルアップを図るのもよいと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
本日の記事をまとめます。

・まずは、お金を増やす目的をじっくり考えてみる
・豊かに暮らすためにいくら必要なのか、計算してみる
・お金を増やすには、①稼ぐ力をつける、②稼いだお金を貯める、③貯めたお金を投資して殖やす

お金を増やすことは人生を幸せに生きるために大切なことです。

ですが、必要以上にお金を貯めこんでいても、あまり意味はありません。
お金はモノやサービスと交換してこそ価値を発揮するものなので、自分の人生を豊かにしてくれるモノやサービスには積極的に使っていくことも大切でしょう。

それが自分を幸せにしてくれますし、経済を活性化させ、回りまわって自分が投資した資産を殖やすことにもつながってくるはずです。

適度なバランスを探りながら、お金と付き合っていきましょう。

お金との付き合い方、増やし方をより深く知りたい方には以下の本がおススメです。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
節約
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました