お金について最近考えていること。

思考
シロミ
シロミ

こんにちは。シロミです。本日の記事では、

・いくら貯金があっても満足できないのはなんで?

・お金に支配されないための考え方って?

という方に向けた内容になっています。

お金を貯めることももちろん大事なのですが、貯めたお金を何に使いたいのか考えるのも大事です。

死に物狂いで頑張って10億円貯めても、10億円持ったまま死んでしまったら、何にもなりません。

お金は、モノやサービスと交換するためのクーポンみたいなものですよね。

最終的には、使ってこそ意味があるものだと思います。

ムダなことに浪費するのはいけませんが、必要なところにお金を使うことをケチっていても、人生が楽しくありません。

だからこそミニマリズムを通して、自分が何にお金を使ったら幸せを感じるのか、理解しておく必要があると思うのです。

スポンサーリンク

どれだけお金を貯めても、心の底から安心できることはない

どれだけお金を貯めても、それだけではいつまで経っても、心からの安心は得られない気がしています。

貯金が全く無い人は、100万円貯金したら安心できるのではないかと考えます。

でも、いざ100万円が貯まってみると、安心には程遠いのがわかります。

では次に、300万円をめざします。ですが300万円貯まっても、安心はできません。

ちょっと高い車を買ったら300万円なんてすぐに無くなってしまいます。

じゃあ1000万円あったら安心でしょうか?1000万円といえば大金ですが、家が買えるほどでもないですし、老後資金が2000万円足りなくなると言われているなかでは、1000万円では老後を生きるには足りなさそうですね。

というように、結局のところお金はいくら持っていても、実は完全に満足で安心できる状態にはならないのではないかと思います。

1億円持っていたとしても、働かずに一生暮らせるかというと微妙じゃないでしょうか。

ではどうすればいいか。

実は簡単なことで、「足るを知る」という、これだけなんじゃないかと思います。

お金があればあったで嬉しいけれど、無ければ無いでそこそこ幸せに暮らす。

今あるお金で、稼げる範囲で、幸せに暮らす。

これができると、生きるのが一気にラクになる気がしています。

所詮、74億分の1であることを自覚する

お金や人気、権力さえあれば幸せだというならば、クスリで捕まる芸能人なんていないはずです。

むしろお金や人気を手に入れたからこそ、それを失う不安も大きいのかもしれません。

「お金持ちだと思われたい」「人気者だと思われたい」「仕事ができる人間だと思われたい」というように、他人と比較して、理想の自分を追い求めると、生きるのがしんどくなります。

もっと言うとこれは、「自分は他人よりお金持ちであるべきだ」「自分は他人より人気者であるべきだ」「自分は他人より仕事ができる人間であるべきだ」というような、他人と比べて自分のほうが優れているという思い込み(願望?)が根底にあります。

ですが実際のところ、これって結構どうでもいいことではないでしょうか?

現在、地球には74億人の人間が生きています。どんなに頑張っても、あなたも私も所詮74億分の1なのです。そこら辺の他人と比べてどうかなんて、あんまり意味が無いですよね。

「自分はこうあるべき」という凝り固まった考えであるとか、それを他人と比べて優越感を感じたり劣等感に苛まれたりするのは、人生のムダじゃないかという気がしています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私自身、物欲も普通にあるし、お金も貯めたいと思って頑張っているのですが、一方で、モノやお金に支配されたような暮らしはしたくないという思いもあります。

頑張ってお金を貯めて高級車を買って優越感を感じていたら、お隣がそれより高い車を買って、途端に自分の車がしょぼいものに感じられて嫉妬する、とか普通にありそうですが、想像するだけでシンドイです。

ミニマリストというと仙人扱いというか、スピリチュアル的な受け止め方をされることもあるようですが、最初からミニマリストを宣言してムダな優越感競争から降りてしまったほうが、ラクに生きられそうです。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
思考
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました