「変わらないこと」はリスクでもある

思考
シロミ
シロミ

こんにちは。シロミです。本日の記事は、

・新しいことに挑戦するのは不安。今のままでいたい。

・現状維持はラクだけど、それだけだと将来が不安。

という方に向けた記事になります。

結論からいうと、「変わらないこと」は人生を生きていく上で結構大きなリスクだと思っています。

なぜなら、変わらない生活を続けていくうちに新しいことに挑戦できなくなってしまい、世の中の変化についていけなかったり、人生がつまらなくなってしまうからです。

現状維持=リスクととらえて、新しいことに挑戦してみるのが大事です。

スポンサーリンク

現状に慣れすぎると、変化に弱くなる

当たり前のことですが、現状維持はラクです。

とりあえず毎日同じことを繰り返していれば生きていけるし、難しいことを考える必要もありません。

ですが、現状維持しかしてこなかった人は、何か変化が起きたときには途端に弱者に転落します。

例えば会社が外資に買収されてリストラが始まったとき。

常に自分を成長させようと努力している人ならば、転職先を見つけることもできるでしょうが、何年も現状維持に汲々として、得意なことは社内政治くらいのオジサンになってしまうと、転職も容易ではありません。

今の状況がいつまでも続くのかなんて、誰にもわかりません。変化はいずれ起きるものと考えて常に備えている人のところに、チャンスはやってきます。

投資についても同じことが言えます。元本割れが恐いからと投資に挑戦しない人は、お金を大きく育てることはできません。

それに、自分の財産をすべて銀行に預けている人は、ある意味では「全財産を日本円で持ち、日本の銀行に貸し付けている」状態です。

経済危機で日本円自体の価値が下落したら、全財産を日本円で持っていることがリスクになるかもしれません。

海外の資産に分散投資していれば、日本が経済危機に陥っても海外にある資産がある程度生活を守ってくれるでしょう。

このように、現状に満足して変化を嫌うことは、リスクにもなりえるのです。

現状維持ばかりだと人生がつまらない

現状維持することは、もちろん悪いことばかりではありません。

幸せな毎日がずっと続けばいいというのは、誰もが願うことです。

ですが、現状維持ばかりだと、人生はつまらないものになってしまいます。

これから一生、毎日同じことを繰り返して生きることがわかっているとしたら、退屈ですよね。

もはや人生の先が見えてしまって、将来に何の希望も楽しみもありません。

人生は、先が見えないからこそ楽しいのです。

私自身、学生のころには自分が結婚するとも、子供ができるとも思っていませんでしたし、海外赴任に行って、外国に友人ができるとも思っていませんでした。

ですが、実際にこれらの変化を経験したことで、人生はもっと豊かになりました。

変化しない生活は、平和で安心ですが、退屈です。変化する生活は、不安でプレッシャーもありますが、刺激的で飽きません。

昔から言われるとおり、人生は一度しかありません。ちょっとしたことでもいいので、何か新しいことに挑戦し、生活に変化を起こしてみるのがおススメです。

私自身も、マラソンを走ってみたり、投資を始めてみたり、ブログを始めてみたりと、常に生活の中に新しいことを取り入れてみるようにしています。

新しいことを知るために、今まで興味の無かった分野の本を読んでみるのもおススメです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私自身、平凡なサラリーマンなので、油断して何もしないでいるとすぐに、変化のない生活に埋没してしまいます。

そうならないために、会社以外の生活で少しでも新しいことに挑戦するよう心掛けています。

会社生活は、必ずしも自分の思い通りにはなりませんが、プライベートは自由です。

自分の得意な分野を生かして、ボランティアに励むもよし、趣味に没頭するもよし。副業やスキルアップに挑戦するのも良いでしょう。

現状維持はリスクであると認識して、変化を恐れない人を目指しましょう。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
思考
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました