私がランニングをやめた3つの理由

ダイエット・健康

こんにちは。シロミです。

昨日の記事でも書いたのですが、私は数年前からランニングを始めて、半年ほどの練習を経てフルマラソンに挑戦し、その後もしばらくランニングの習慣を続けていました。

ですが、ミニマルな生活を実践し始めて、ランニングはやめることにしました。

今日はその理由について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

意外とモノが増える

ランニングは、スポーツの中ではモノを必要としない部類の運動です。ただ走るだけなら、とりあえず服と靴があれば、走り始めることはできます。

ですが、やはりそれなりに本格的に走ろうと思うと、モノが増えていくことになります。

最低限、ランニングシューズとスポーツ用のTシャツくらいは必要になりますし、冬場は寒いのでタイツやウインドブレーカーなどの防寒着も必要になるでしょう。毎日走るなら1着では足りないので、何セットか持っておく必要も出てきます。

他にも、タイムを計るためのスポーツウォッチ、携帯やちょっとした持ち物を収納しておくベルトなど、意外なほどモノが増えてしまい、だんだんとクローゼットをランニング関連のグッズが占領するようになっていました。

ランニングにしか使わない服や靴が収納スペースを占拠するのが嫌だった、というのが私がランニングをやめた理由のひとつです。

けっこう時間がかかる

私はもともと、ダイエット目的でランニングを始めました。

ランニングを始めて半年くらいでその目的は達成 (78kg→70kg弱) したのですが、私がランニングで痩せて、体重を維持するには、だいたい週末に一日あたり10kmくらいは走る必要がありました。

10km走るには、1時間くらいかかります。準備と、帰ってからのシャワーなどを含めると、1時間半~2時間くらい、休日の貴重な時間を使うことになります

ダイエットやフルマラソン完走という明確な目標があったうちはモチベーションも高く、週末の2日間に加えて、平日も週2日から3日は、早朝に30分くらいのジョギングをしていました。

ですがその目標を達成してしまうと、貴重な週末の2時間をランニングに使うだけのモチベーションが保てなくなった、というのが理由のふたつ目です。

ちょうどこの時期に娘も大きくなってきて、一緒に過ごす時間を増やしたかったというのもあります。

ダイエットにはもっと簡単な方法があった

上にも書いたとおり、私はもともとダイエット目的でランニングを始めました。

ダイエットの目的自体は達成できたのですが、実際のところ、私にとってランニングのダイエット効果はあまり効率のよいものではありませんでした

理由は、走り終わったあとに自分へのご褒美と思ってつい食べすぎてしまうことです。

食べなければ済む話なのですが、走ると当然お腹も空くので、なかなか我慢することができず、ランニングで消費したカロリーも、余分に食べることでだいぶ相殺されてしまっていました。

結局、ランニングを少しさぼると体重はまた増えるので、ランニングで体型を維持するには、毎週走り続けるしかない、という結論に至りました。

走るのが好きならそれでもよいのですが、私の場合はもともとダイエット目的で始めたものなので、そこまでランニングに対する情熱は無く、代わりの手段があるならそれでも良い、という気持ちでした。

そこで、別のダイエット方法を探してみたところ、どうやら「1日1食生活」と「HIITトレーニング」というのが良さそうだと思い、実践してみたところランニングしなくても70kg前後をキープできることがわかったので、ランニングをやめることにしました。

最後に

その後、ランニンググッズはメルカリで処分し(意外と人気が高く、出品するとすぐに買い手がつきました)、週末の時間は子供と遊んだり、読書や海外ドラマ鑑賞にあてて、週末の満足度は向上しました。

少食と筋トレで健康や体重もキープできているので、今のところランニングを再開する予定はありません。

ですが、ランニングに費やした時間は決して無駄ではありませんでした。フルマラソンを完走できたことは自信にもなりましたし、早朝の清々しい空気の中、公園を走るのは気持ちいいものです。

今は別のことに時間やエネルギーを使いたいと思ったのでランニングはやめましたが、いつか、子供が大きくなって暇になったら、また挑戦してみたいと思っています。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
ダイエット・健康
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました