楽天経済圏にどっぷりハマって、お得にポイントをゲットしよう

節約

こんにちは。シロミです。

以前に、楽天のサービスでコツコツポイントを貯める方法について書きました。

楽天は買い物だけでなく、銀行や証券、電子書籍など様々なサービスを提供しており、たくさんのサービスを利用するほど、買い物で貯まるポイントが増える仕組みになっています。

私の場合はまだまだ楽天経済圏を使いつくしているとは言えない状態なので、これからもっと楽天経済圏でお得な生活をするために、今後利用してみたいサービスがあります。

今日は、楽天経済圏でもっと効率的にポイントを貯めるために、今後利用するつもりのサービスについて書いてみたいと思います。

お得な生活のヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

楽天経済圏の活用状況

今現在、私が継続的に利用している楽天のサービスは、以下のとおりです。

①楽天市場
②楽天カード
⓷楽天銀行
④楽天証券

楽天のサービスを多く利用するほど、SPU(スーパーポイントアッププログラム)でのポイント倍率が上がっていく仕組みになっています。

私の場合、楽天市場の会員登録で+1倍、楽天カードの利用で+2倍、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にして+1倍となっており、合計で常時+4倍のポイント倍率になっています。

SPUの最高ポイント獲得倍率は+16倍なので、まだまだ改善の余地がありますね。

今後使っていきたい楽天のサービス

SPUの対象となる取引は色々とあるものの、自分が日常的に使わないサービスを申し込んで無理やりポイント倍率を上げても、使わないサービスにお金を払っている時点で本末転倒になってしまいます。

ですので、自分に必要なサービスをうまく使って、無理のない範囲でポイント倍率アップを狙っていくのが正解です。

私の場合では、以下のようなサービスが利用しやすい印象です。

楽天市場アプリの利用で+0.5倍

楽天市場での買い物をするときに、楽天市場アプリから購入すれば+0.5倍になります。

買い物にアプリを利用するだけなので簡単なのですが、アプリを利用することを忘れないようにしましょう。

パソコンで検索していて、ついそのまま注文してしまいがちなので注意が必要です。

楽天ゴールドカードの利用で+2倍

現在は普通の楽天カードを使用していますが、楽天ゴールドカードに切り替えるとさらに+2倍のポイントアップになります。

楽天カードが年会費無料なのに対して、ゴールドカードでは年会費が2千円くらいかかりますので、ポイントアップ分でこの2千円がペイできるかが、切り替えをするかしないかのポイントになりますね。

楽天で年間10万円以上買い物するようであれば、元はとれるようですね。

普段他の場所で買っている日用品を楽天市場で買うことにしたり、楽天ふるさと納税を利用すれば年間10万円は達成できそうな気がしています。

楽天カードからゴールドカードへの切り替えだと、普段はカード入会ポイントはもらえないのですが、年に何回かのキャンペーン期間中に限っては3千ポイントくらいもらえたりするようなので、次にキャンペーンがあったら切り替えようかと画策しています。

楽天モバイルの利用で+2倍

現在、私が利用しているのはUQモバイルなのですが、ちょうどあと数ヶ月で2年間の契約が終わるので、楽天モバイルに乗り換える予定です。

UQモバイルは、低速の通信だったら使い放題になっていて、通勤途中に音楽を聴くくらいだったら使い放題の通信で十分なので、データ通信プランを最安にして無料通信をメインに使っています。

楽天モバイルでも、スーパー放題というプランであれば1Mbpsの通信が使い放題なので、同じように最安プランで契約して、無料の通信をメインに使っていこうかと思っています。

楽天モバイルであれば、楽天ポイントで支払いができるので、期間限定ポイントを有効に使うこともできますし、ちょうどいいかなと思っています。

携帯の機種にこだわりはないので、今使っている端末がそのまま使えればベストなのですが、simロックの状態などがよくわからないので、乗り換えまでに調べておかないといけないですね。

楽天証券でポイント投資すると+1倍

楽天証券で、500円分以上のポイント投資で投資信託を購入すると、SPU+1倍の対象になります。

楽天証券側のポイント設定を、楽天スーパーポイントコースに設定した上で、1ポイントでもいいからポイントを使って500円分以上の投資信託を購入することが条件になるようです。

ちょっとわかりにくいですが、投資信託を買うときにポイントを使う設定にしておいて、あとは自動で積み立て投資しておけば達成できそうです。

一回で500円分以上の購入が条件なので、毎日積み立てで100円ずつ購入して合計が500円を超えても、SPUの対象にはならないので注意が必要ですね。

おわりに

今日ご紹介した以外にも、SPUの対象となるサービスはまだまだあります。

楽天でんき、楽天ブックス、楽天ビューティー、楽天トラベルといった各種サービスを利用することでSPUのポイント倍率を上げていくことができます。

ですが、最初にも書いたとおり、本当は使う必要のないサービスをポイントのために利用するのは本末転倒になってしまいます。

無理せず利用できる範囲で、最大限ポイント倍率が高められたら良しとしましょう。

気楽に、お得に楽天経済圏を利用していきたいですね。

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
節約
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました