投資もラクに、シンプルに【インデックス投資でほったらかし】

投資

こんにちは。シロミです。

最近、世の中の流れに乗って投資を始めてみました。

今日は、初心者である私の投資に対する心構えについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

まずは生活防衛資金を確保する

生活防衛資金とは、何か不測の事態があったときにもしばらくは生活できるように、すぐに引き出せる貯金をもっておくことです。

どの程度持っておくのが正解なのかは諸説あるようですが、私は目安として一か月の生活費×1年分くらいは持っておきたいと考えています。

投資については、生活防衛資金や、目的のある貯金(子供の学費など)を除いた余剰資金で行うのが鉄則だと考えています。

投資資金の50%は、無リスク資産に投資する

リスク資産とは、株式や投資信託など、元本割れの可能性がある資産です。

一方で無リスク資産は、個人向け国債など、基本的に元本割れしない金融資産をいいます。

私の場合、無リスク資産として「個人向け国債 変動10」と、インターネットバンクの定期預金を利用しています。

「個人向け国債 変動10」は、変動利息ではあるものの、最低利率が0.05%でそれ以下には下がりませんので、現在の超低金利下では、一般の銀行口座よりは多少利率が良いです。

変動金利ですので、金利上昇局面では金利が自動的に上がっていくのも、安心感があります。

また、ネット証券会社を中心に、購入時にポイントや現金を還元するキャンペーンを行っていることがあるため、私はキャンペーン時を狙って買い増すようにしています。

ただ、現在の低金利では、ネットバンクの定期預金で金利アップキャンペーンを利用したほうが金利が高いので、定期預金で代用しても良いと思っています。

無リスク資産は当然ながらリターンも低いのですが、投資資金を全額リスク資産に投資してしまうと不況時に一気に資産が減ってしまうので、投資資金の半分は無リスク資産で元本を確保するようにしています。

リスク資産は、インデックス投資信託で世界中に分散投資

リスク資産については現在、つみたてNISAでの投資信託の積み立て購入のほか、楽天証券で通常の投資信託の積み立て購入もしています。

つみたてNISAでは、先進国株式や新興国株、国内株のインデックス投資信託を適当に組み合わせて世界中に分散投資するようにしています。

楽天証券での積み立ては、楽天カードでの購入であれば毎月50,000円までを上限に1%のポイントが付くので、上限いっぱいをeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)に投資しています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー) は、これだけで全世界に分散投資してくれる投資信託で、信託報酬も安いため、世界中に分散投資するならこれ一本で充分という投資信託です。

これらのリスク資産は当然ながら元本割れのリスクはありますが、個別株式を買うのと違って短期の売買差益を狙っているわけではなく、10年、20年という時間をかけて増やしていくものなので、価格の上げ下げに一喜一憂する必要はありません。

私自信、価格のチェックは半年に一回くらいしかしていません。放っておいたらいつの間にか増えていた、というくらいの付き合い方がちょうどいいと思っています。

最後に

今日は投資についての基本的な考え方を紹介しました。

私はだいぶ安全志向の投資スタンスだと思いますが、現状はこのくらいがちょうどよいと考えています。しばらくは、以下の方針で投資を続けます。

・生活防衛資金をしっかり確保する

・投資資金の半分は無リスク資産に投資する

・リスク資産は、インデックス投信で世界分散投資

正直なところ、つい1年前くらいまでは、元本割れのリスクのある投資信託なんてギャンブルみたいなものと考えて全く手を出す気はなかったのですが、インデックス投資に関するブログや書籍を読むうちに、ちょっとずつ考えが変わり、今に至ります。

つみたてNISAの制度が始まったのも大きいですね。

とりあえず、短期の相場変動は気にせず、長期的に見れば世界全体の経済は伸びていく、と信じて、今後も淡々とつみたて投資を続けていきたいと思っています。

ほったらかし投資について詳しく知りたい方はこちらがおススメです!

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
投資
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました