ポーターの「TANGO BLACK ブリーフケース」を購入。メンズの小さい手提げ鞄を探している方におススメ。

ミニマリズム

こんにちは。シロミです。

ミニマルな生活を目指し始めてから、ずっと休日用の鞄を新調したいと思っていました。

半年くらい探し続けて、ようやくピンとくるものに出会いました。それがポーターのTANGO BLACK ブリーフケースです。

この鞄の特徴は以下のとおりです。

・鞄外側の上下にあるファスナーを開けることで、マチ幅が拡張できる
・ビジネスにもカジュアルにも使える汎用性の高さ
・小さいサイズながらも、男性が持っても違和感のないデザイン

使い始めてみると、思っていた以上に使い勝手が良く、メンズの小さいサイズの鞄を探している方にはかなりおススメできるものだったので、さっそくご紹介します。

スポンサーリンク

ミニマルな生活を始めると、鞄を新調したくなりませんか?

本をKindleに持ち替えて、キャッシュレス生活をし始めると、普段持ち歩く荷物は少なくなります。

だから本来は手ぶらがベストなのですが、Kindleを持ち歩くことが多い私には、手ぶらはちょっとキツイ。

ということで今までは、休日には小さめのショルダーバッグを使っていたのですが、コートやジャケットを着たときに紐が微妙に邪魔になることがあって、手提げの鞄が欲しかったのです。

特に子供の習い事の付き添いとか、ちょっとしたお出かけには手提げのほうがラクなんですよね。

ちなみに私が休日に持ち歩く荷物は、財布代わりのパスケース、スマホ、Kindle、ハンカチくらいが必須で、あとは日によって、財布、イヤホン、折り畳み傘、ペットボトルのお茶が入ります。

ということで、長いことちょうどいいトートバッグを探していたのですが、メンズだと小さいサイズのトートバッグにピンとくるものがなかなか見つかりませんでした。

小さいとどうしてもレディースっぽく見えてしまうし、だからといって大きい鞄は持ちたくない。

ベストなサイズの鞄を探し続けて、ようやく見つけたのがTANGO BLACK ブリーフケースだったワケです。

ポーターのTANGO BLACK ブリーフケースを選んだワケ

では続いて、私がなぜポーターのTANGO BLACK ブリーフケースを選んだのか、また実際に使ってみた感想を書いてみたいと思います。

仕事にも休日にも使えるデザイン

ブリーフケースという名前のとおり、この鞄はもともとビジネスバッグとして販売されています(ちなみにポーターの直販サイトでは、エレガントバッグという名前で販売されています)。

実際にこのバッグ、ビジネスで使用しても特に問題ないデザインだと思います。

ですが写真でもわかるとおり、休日にカジュアルに合わせても全く違和感を感じません。

トートバッグだと、サイズが小さいとどうしてもレディースっぽく見えてしまったりするのですが、この鞄はスクエアな外観なので、男性が持っても全く違和感ありませんね。

荷物が少ない日の通勤にも使えますし、休日のちょっとしたお出かけにももちろんOK。

荷物が少ない人であれば、平日の通勤も休日のお出かけもこれ一つで済むので、ミニマルライフに磨きがかかりますね。

マチが拡張できるので、収納力を調整できる

また、この鞄の特徴は、上下にあるファスナーを開けることで、マチ幅を拡張できることです。

商品説明にあるとおり、この鞄のサイズは、横320×縦230×マチ20/105(mm)となっています。

つまり、ファスナーを閉じているときには、マチが2センチ、開くと10センチに拡張します。

これにより、荷物が少ないときにはファスナーを閉じて薄くして使い、ペットボトルや折り畳み傘を入れる必要があるときにはファスナーを開いて収納力アップ、という使い方ができます。

マチ幅を拡げると以下の写真のようになります。ちょっと荷物が多めの日でも充分に対応できますね。

薄くして使うとよりビジネス感が出て、マチを拡張するとカジュアル感が出るので、休日はずっと開いた状態で使うのもいいと思います。

一点、注意点をあげるとすると、日常的にPCを持ち歩く人には、ちょっとサイズ的に厳しいかもしれません。

13インチPCでも、ギリギリ入るかどうかくらいのサイズだと思いますので、お使いのPCが収まるかどうかサイズを確認したほうが良いでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

最近はキャッシュレスが浸透してきて、薄い財布や小さい財布が人気になっています。

スマホやKindleが普及したこともあり、日常で持ち歩く荷物も減ってきていますよね。

その一方で、手ぶらまではいかないけれど、ごく少ない荷物だけを持って歩くときの鞄選びには、結構困ります。

サコッシュやボディバッグなど、少量の荷物を入れるための鞄はあるものの、デザインが若すぎたり、斜めかけだと使いにくいシチュエーションもあったりで、痛し痒しなところがあります。

特にコートやジャケットを着ることが多い冬場には、手提げのほうが使いやすいんですよね。

その点、今回ご紹介したポーターのTANGO BLACK ブリーフケースは、デザイン的にも落ち着いていて、サイズ感もちょうどいいのでかなり重宝しています。

ポーターなので作りもしっかりしており、末永く活躍してくれそうです。

小さいサイズのメンズ手提げ鞄を探している方には、個人的には非常におススメできる鞄です。

私も、ミニマリストを目指すといってもなかなか物欲からは解放されませんが(笑)、ようやく鞄選びの悩みからは解放されたのでスッキリしました!

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
ミニマリズム愛用品紹介
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました