米国株ETF ほったらかし投資のもうひとつの選択肢

投資
シロミ
シロミ

こんにちは。シロミです。本日の記事は、

・ETFとはどのような金融商品なのか
・米国株ETFに投資するメリット・デメリットを知りたい

という方に向けた記事になります。

経済誌などで、「ETF」という言葉を聞いたことがないでしょうか。

ちょっと難しいイメージがありますが、実際にはつみたてNISAなどで投資する投資信託と、さほど変わりはありません。

つみたてNISAで投資に慣れてきたら、投資先のひとつとしてETFを検討してみるのも良いかと思います。

私自身、現在は eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) という投資信託への積み立て投資と、つみたてNISAを使った積み立て投資で、世界全体への分散投資を続けていますが、ETFに投資はしていません。

ですが、今後は米国株ETFへの投資も始めてみたいと思っています。

本日は、以下の2つのポイントでETFについて書いてみたいと思います。

・そもそもETFとはどんな金融商品なのか?
・米国株ETFに投資するメリット・デメリットとは?

私と同じように、つみたてNISAで投資を始めた初心者投資家の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ETFとはそもそもどんな金融商品か?

ETFとは、「Exchange Traded Funds」の略で、日本語にすると上場投資信託と呼ばれています。

つまり、基本は私がメインで投資している eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) と同じような、投資信託であると言えます。

TOPIXやS&P500など、商品ごとに決まった指数に連動するように設定されており、ひとつのETFに投資するだけで市場全体に分散投資できるところも同じです。

では、つみたてNISAの対象になっているような投資信託とETFとで何が違うのかというと、ETFはその名のとおり、証券取引所に上場されているところが違います。

通常の投資信託は上場されておらず、売買するときの値段は「基準価額」というものを使いますが、これは申込日の証券取引所が締まったあとで計算されるため、売買を申し込んだ時点では値段がわかりません。

一方でETFは、証券取引所に上場されているため、リアルタイムで価格が変動します。また、 (売り買いする相手がいれば) 指値注文で自分の好きな価格で売ったり買ったりすることができます。

したがって、通常の株式と同じように、一日の中でも値段の安いときに買い、値段が上がったら売るというような取引もできます。

その他に、投資信託とETFの主な違いは以下のようなものがあります。

・つみたてNISAで投資信託を買う際はノーロード(手数料無し)だが、ETFは株式と同様に購入時の手数料がかかる。
・つみたてNISAの対象となっている投資信託は基本的に配当が自動的に再投資されるが、ETFでは配当を株式と同様に現金で受け取ることになる。
つまり、ETFの場合、買う時に手数料がかかるのと、配当金を受け取るときに税金が実現してしまうことに注意が必要です。

なぜ米国株ETFに投資するのか?

私が今後投資先として考えているのは、米国株ETFになります。

なぜ米国株なのかというと、やはりアメリカという国の成長可能性が高いと思うからです。

日本は少子高齢化であまり先行きが明るくないですが、米国は移民社会であり比較的若い社会です。

アメリカ国内での消費の伸びや、発展途上国が成長していくときにも、アメリカ企業は利益を伸ばせると思うので、長期的には今後もアメリカ経済は強いのではないかと思っています。

私自身、アメリカに住んでいた時期もあるのですが、やはり日本とはエネルギーが違うというか、ポジティブで楽観的な空気を感じていたので、単純にアメリカが好きということもあります。

一方で、米国株に投資するということは為替リスクを負うということでもあります。

現在は円安傾向ですので、今現在、米国株ETFに投資した場合、かつての円高水準を考えると、為替による元本割れのリスクは低いとはいえません。

また、米国株への投資には、二重課税の調整という手間も生じます

米国株ETFに投資して、配当金を受け取ると、配当金の10%がアメリカで源泉徴収課税を受けます。

さらに日本では、米国での源泉徴収額を差し引いた残額に対して、約20%の所得税が課されます。

ただこれだと米国と日本で二重で課税を受けることになってしまうため、確定申告で外国税額控除の請求をして、払いすぎた税額を所得税から控除してもらいます。

このように米国株への投資は、確定申告で二重課税の調整をするという手間が生じることになります。

まとめると、米国株ETFへの投資には、以下のようなデメリットやリスクがあります。

・購入時に手数料がかかる
・為替変動(円高)により円建価格が下落するリスクがある
・確定申告をして二重課税を調整する手間が生じる

私自身は、これらのデメリットを考えても、長期的なアメリカ経済の成長に賭ける価値はあると考えています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今日は、米国株ETFについて基本的なことをまとめてみました。

私自身は現在、実際に投資する際にどの銘柄に投資するかを検討中です。

一口に米国株ETFといっても、さまざまな商品があり、連動する指数もそれぞれ異なります。

シンプルにS&P500に連動するもの、連続して増配を続けている銘柄を集めたもの、高配当銘柄を集めたものなど、それぞれに特徴があります。

近いうちに、私が検討対象としている銘柄についてもご紹介したいと思っています。


お金が増える 米国株超楽ちん投資術

以上になります。

ブログランキング参加中!クリックで応援宜しくお願いします。
投資
スポンサーリンク
シロミブログ
タイトルとURLをコピーしました